手掌多汗症の恐ろしさ・・・日常生活にも・・・

 

頭に入れておいてほしいことは思春期を控えているくらいから、手のひらあるいは足の裏にたいへん汗まみれになる、という様なアピールしてくる方がごく稀にいるというわけです。

このような内容の「掌蹠(しょうせき)多汗症」の病を患っている方というのはそうそうたくさんありませんが、診察時に手のひらをハンカチでふいてもらって、1~2分であってもしておきさえすれば汗の粒が見て取れるくらい拡大していき、もっと言うなら汗がしたたる方もいるというわけです。

 お伝えしたいのはこれほどまでに症状がひどくなれば、鉛筆としても持ちにくい、細かいハンドオペレーションがするのが困難な、知らない人と握手をするということが苦痛であるというような頭を悩ませることが考えられます。  

頭に入れておいてほしいことは多汗が存在する部位というのは、手の平あるいは足の裏こと以外に、わきが存在します。こういったもののスポットには、皮膚うちからエックリン汗腺かのような汗を引き起こされる器官があって、精神的緊張で交感神経としてもそそのかされ、活性化されます。

覚えておいてほしいのは このことより、多汗症のケアということで、さしあたって汗を作るポイントの一種エックリン汗腺の働きに歯止めをかけるコツ、その時からエックリン汗腺のメカニズムを握り締めている交感神経のインパクトに歯止めをかける方法があげられます。  

お伝えしたいのはメインのケアというのは、外用療法ということは「イオントフォレーシス」があって、第二の方法ということで手術療法が存在します。

手汗に効くデトランスα手汗用の口コミ